SRC構造 (エスアールシーこうぞう) | 不動産用語集 | 株式会社R-net

不動産用語集

SRC構造 (エスアールシーこうぞう)

SRC構造 (エスアールシーこうぞう)は【Steel Reinforced Concrete】の略称で、日本語では、鉄骨鉄筋コンクリート構造の事を指します。

概略は、鉄筋コンクリートの芯部に鉄骨を内蔵した建築の構造もしくは工法の事をその様に呼んでいます。

具体的には、鉄骨で柱や梁等の骨組を組み、その周りに鉄筋を配筋してコンクリートを打ち込みます。鉄筋コンクリート構造(RC構造)と鉄骨構造(S構造)の長所を兼ね備えていますが、その分、コストは割高である事が一般的です。鉄筋コンクリート構造に比べて耐震性等に優れており、柱や梁の断面も小さくすることができるため、主に高層建築物に用いられる事が多い様です。
地震の多い日本で独自に発達した構造形式です。