礼金 (れいきん) | 不動産用語集 | 株式会社R-net

不動産用語集

礼金 (れいきん)

建物の賃貸借契約を新規に契約する時に、賃借人(借りる側)から賃貸人(貸す側)に対して、
契約締結の謝礼として支払われる金銭の事を言います。

この礼金は、
契約が満了して退去する場合でも賃借人に返還されることがありません

礼金の由来は、戦後辺りから始まっており、元々は地方から東京にやってくる人間の保護者や後見人が大家に対して、
決まり事ではありませんが「面倒をかける対価」として謝礼金を前払いで支払ってきたことが由来とされており、
その流れで礼金というものが定着したと言われております。

地域によっては礼金の習慣の無い場所もあるようです。
また、礼金の無い物件も増えているのが原状です。
これは、入居者と建物のバランスが崩れてきたことや、不況などの影響でイニシャルコスト(礼金含む契約金全てを指します)を抑えて入居者を増やしたいというオーナーが増えてきたこと、
コストをかけたくないという入居者が増えてきた事が原因とされております。

地図から検索する

東京タワーや六本木ヒルズ、公園や駅、商店街など、
有名ランドマークから交差点まで、
どこでも好きな場所を視覚的に選んで、お好みのマンションを検索!

地図上のクリックした場所から半径(徒歩分数)を指定して検索出来ます。

地図から検索する